スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロシングルフィシュ

t055.jpg
t056.jpg

レトロシングルフィシュ
実際のスケールよりボリュームを持たしてあります。
ウエーブ製のエポパテよりしなりがあるのでタミヤ製を使用しています。
ウエーブ製は途中で折れました。
何かおすすめのパテなどあれば教えて下さい。
あと金やすりも目づまりが気になります。

となりは「花福日記」コザルさん単行本出版記念に作ってみました。
スポンサーサイト

ジム 塗装レシピ (室内撮影)

t044.jpg

ベースはジャーマングレー(ガイヤカラー)
黒すぎず、白すぎず気に入ってます。

シリコンバリアーを使用しましたが、塗膜が厚くなり、
余り真価を発揮できていません。

白、インテリアカラーを塗装。(ランダム)

オレンジは今回純色シリーズで調色。
発色の良い色が出来ましたが、汚れてしまいました。(涙)
その上にスターブライトゴールドをアクセントに。
注意点として、メタリックは混ぜてはいけません。上澄みだけ使用しています。
(本来は攪拌が必要です。)

t045.jpg

バックパックはまたジャーマングレー
汚れは、パステルを使用(10色ぐらい)
エナメルシンナーでのばし(薄く色がつくくらい)

t046.jpg
t047.jpg

たんこぶを追加(錆)
デザインナイフで削って固めてます。
汚れの道筋をまたもや線で書いてます。

で最後に・・・・・

お日様の力がないとダメだめなので、ホワイトパールを少々。
野外撮影の強い味方です。(光加減で見える)

途中の画像があればよいのですが・・・
しょせん汚れなので・・・

t043.jpg

ついにスケールモデル!(爆)
線で汚してみました。


t048.jpg

http://order-buckler.net/chiba/chiba_top.html

↑雲の上の人たちの超絶な活躍が見られそうです。
 開設おめでとうございます。

追加 リクエストにお答えして。

t049.jpg

t050.jpg

はずかしい・・・
劇画みたいに線で表現できるかなぁとちょっと試してみました。


お日様万歳!

またもや野外撮影、ちょーローアングル。
非常に危ない体勢でした。
では、汚れの世界へ

t039.jpg


t040.jpg

後から前から・・・

t035.jpg

t034.jpg

一人にしないで・・・



G-Pawn風 ジム・・・・

煮詰まってきたので、初ガンダム!

t026.jpg

t027.jpg

あと、もう少し色味を追加して
最初は厚塗りですが、後はほとんどシンナーに色がほんのり色がついたものを使用。
簡単にと思ったのですが・・・・
スケールが小さくなった分大変でした。
塗るというより、線を描いているようです。

老眼には少々きつい。

最後はまたお日様の力を借りて撮影しようかと。



まだまだ汚れます。

t024.jpg

とりあえずベースとなる汚れが完了。
でもミサイルポットと頭はまだ組んでいません。
本当は組み上げてから汚すのですが、早く汚したくて我慢できませんでした。

t025.jpg

一応コンペに参加しているので陰影だけでもおたのしみください。

えっなんか見える・・・(恐)


ブログの載せるネタがなくなってしまうので急遽

t022.jpg

G-Pawn風 ジム・・・・

はじめてのガンプラなのに・・・・(涙)



チョーキング

何となく単調な色(汚れ)が気になり、チョーキングをプラスしてみました。

t019.jpg

チョーキング(Chalking)とは日本語では白亜化(はくあか)とも言い、
主に塗装表面が暴露状態の際に紫外線・熱・水分・風等により
塗装面の表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョーク(白墨)のような
粉状になって顕われる現象や状態をいう。


またもや、やりすぎ・・・
このあと、赤味が足りないので追加、全体にバランスを調整していますが
まだ完成とはいきません。(かなり濃い作者と同じ)

t020.jpg

かながわさんのリクエストにお答えして作業場公開!
20センチ四方の非常に狭いスペースでパソコン開きながら作業中です。
ただいま、作業場確保に交渉中です。
ちなみに家では職人ではありません。テーブルの塗替えをかれこれ何年越しに
頼まれているのですが・・・・です。(ペンキくれと言われました。)
左手前の黒い液体が大活躍してくれています。
エコロジーに貢献、廃油という名の塗料です。
皿も洗いません。色が融けていい色味になります。
淡い汚れはパステルを溶剤で溶いて使用しています。

早く人間に・・・ではなく、綺麗な模型が・・・

無理そうなので情景だけでも

t006.jpg

t007.jpg

t008.jpg

t009.jpg

t010.jpg

車もいいなぁ・・・




Mr.シリコンバリアー

今日はまちにまった『SF3D』コンペの公開日でした。
凄いモデラーさんたちに刺激を受け筆が進みました。

今回試してみたい事が『酔犬の雑記』ブログに掲載されていたシリコンバリアーを
使用して、剥れを表現していました。あのちりちり感がたまらず手を出してしまいました。

t015.jpg

前回の下地の上にシリコンバリアーをランダムに刷毛塗り
その後マホガニー(42クレオス)をのばさず履け塗り
その後、ペーパー、スポンジやすりなどで削ります。

実はシリコンバリアーを塗りすぎたのか、思ってる以上剥げてしまい、
目あらし後同じ作業を繰り返しました。

t016.jpg

その後にサンディブラウン(19クレオス)を厚めに塗ります。
(細かい事は気にせず大胆に、塗膜の厚さをランダムに)

t017.jpg

けがき針やペーパー(150番)、スポンジやすりなどを使用して削ります。

t018.jpg

またもや、やりすぎ・・・
この後は錆や汚れを追加していきます。

『SF3D』コンペ関係者の方またモデラーの皆様お疲れ様でした。





トランジスタラジオ

t005.jpg


WOO授業をさぼって日のあたる場所にいたんだよ。
寝転んでたのさ屋上でタバコのけむりとても青くて
内ポケットにいつもOHトランジスタラジオ・・・

はじめて聞いたのは小学5年
ずいぶん月日がたちました。
一つの時代が終わったのかなぁ

いつまでも続く青春をありがとう。

ミサイルファランクス製作記

今日は朝から雨、現場はお休み、でやる事は沢山あるのだが。
PCの調子も悪い。そこで息抜きに

daicon-mac2.gif
http://akabu.net/
に参加させていただいたので、仮組みを終えていた「ミサイルファランクス」を製作開始


002.jpg

001.jpg

下地処理もそこそこに、下塗り開始

ジャーマングレー(ガイヤカラー)
メタルカラー アルミ (クレオス)

ジャーマングレーを原液のまま塗りつけ、その上からメタルカラーを塗装。
そして、筆洗いの廃油でまんべんなくのばして、またジャーマングレーをプラス。
最後に、ペーパー(150番)を使い肌を荒らします。

途中半乾きの状態で、さわります。(えっ)
そして最後に軽く磨きました。
このあと何度も塗り重ねるので、多分ほとんど見えません。

しかし、ほとんどしてはいけないことばかり、ペンキ屋さんだとは思えません。
しかも、ほとんど役に立ちません。
感を頼りに製作してます。(滝汗)

同じ、してはいけないことなのですが、非常に役立ちます。
「もでらぁの鬱」どうしたら・・・塗装は奥が深い。

やっと晴れました。明日は仕事かぁ


ミニュチュアサーフボード製作

0330.jpg

0328.jpg

0327.jpg

エポキシパテから削りだしを行いました。
実際のサーフボードよりボリュームを持たせてあります。
フィンは大きめのサイズに設定しました。
ライン重視でロッカーも軽くつけてあります。
レールはミディアム
左右対称に頑張ってみました。


プロフィール

トモペン

Author:トモペン
厳しい暑さにも負けず。
東京の片隅で頑張ってます。
ガソリン代高騰には
負けそうです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。