スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛くるしい小物たち

FLIEGEに添える小物たちを作ってみた。

t166.jpg

サンダー、ケレン道具、ドライバー、ハンマー、ぞうきん

t167.jpg

ついでに箱も

t165.jpg

でなんとなく無造作に詰め込んでみた。

本物とは程遠いし、スケール的には少し大きいでも愛くるしい。

何となく伝わってくれれば幸い。

スポンサーサイト

どこまでも

t162.jpg

塗ったり、削ったり、ぼかしたり、そんな作業がどこまでも続きます。
前の日は最高!でも次の日になると・・・
写真を撮っては・・・

t159.jpg

光の具合でも見え方が、右はフラッツシュを当てた状態。
見た目と写真のギャップ?(ただ単に撮影技術がない。)
をどこで見極めるかが重要?

t160.jpg

サンダーをあてて剥離した状態なのだが、何だかキモい。

t161.jpg

右と左で剥離具合を変えてみた。

で、いったん休憩。

今は小物を製作中。

やめられません。香つき。

t150.jpg

おおまかな塗装が終わりました。
はっかのいい香がします。
今流行の粉とは違い、健康的?手触りもソフトで病みつきになりそうです。

t149.jpg

机が凄い事に・・・
この後汚したり、光らせたり、しばらく続きます。

はるかさんの質問「アルマイト」?

化け学的には難しく解説出来ませんが、

t152.jpg

↑答えはこれです。昔ながらの弁当箱
どことなくチープで、アルミッぽいこんなかんじでしょうかぁ
上手く説明できなくてごめんなさい。

t151.jpg

で、幼稚園時代(昭和40年代)使ってました。

さて、本日は現場がキャンセルに、夏休み最後に行ってきました。

t153.jpg

お台場ガンダム・・・凄いの一言

モチベーションも上がり帰宅後、汚しに力が入りました。
ガンダム・・・多分一生無理かも。
パネルラインに釘付けに・・・・




アルマイト

今回は宇宙用ということもあり鉄ではなく、アルマイトと設定
アルマイトといえば、弁当箱幼稚園の頃愛用していた記憶が、

t146.jpg

メタルコート、アイアン下塗り、ステンレス、クロムシルバー、さし色でブロス

t147.jpg

今回はパテ処理なし、傷を加えています。

t148.jpg

放熱?タンクも同様に。

今回のテーマは整備中、劣化した塗装を剥がし再塗装。
なので下地は重要なポイントに。

ただでさえメタルコートの需要が多いのに、床にぶちまけました。
今夜は一人なので助かりました。
早めに仕入れに行かなければ(涙)

タバコはやめました。

t144.jpg

タバコは8年前にやめました。
で、なぜにヤニとり?

FLIEGE
フリーゲのホワイトは少し青みを帯びたバイス2と呼ばれ
セラミックコーティングに近い状態 (省略)

最近建築の分野でもセラミック配合塗料、主に遮熱塗料に使われています。
細かな粉体(中空)の物を樹脂に混入。
屋根の塗替えの再、多少の材料費アップで施工可能。
でも、二重サッシや断熱材などに比べ効果は感じられませんので、
補助的なこととしてお考え下さい。

あっいつの間にか営業トークに(笑)

なのでタバコライオンを、マツキヨで見つけたので買いました。

t145.jpg

広い作業場で工作開始しました。(笑)
早く作業場を確保したい。(涙)

塗料の種類を詳しく知りたい方は 群馬県今井塗装さん をご覧下さい。

2作目となるMa.K今のところ設定は「整備中」こんなテーマでいこうと思ってます。




プロフィール

トモペン

Author:トモペン
厳しい暑さにも負けず。
東京の片隅で頑張ってます。
ガソリン代高騰には
負けそうです。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。